ENGLISH | 中文 | 日本語
ニュース
2018年 英国知的財産庁 料金値上げへ
2017-12-11 14:36:25

2018年4月より英国特許料金が引き上げとなり、請求項が一定数を超える場合、新たに費用の納付が必要となります。2017年11月20日、英国知的財産庁(UKIPO)はこの料金値上げを発表し、料金調整の関連法は既に英国議会を通過しました。 今回の料金調整では、出願時に費用納付する場合、紙ベースの出願費用は30GBP(40USD)から90GBPへ、電子出願の費用も20GBPから60GBPへ料金値上げとなります。また出願日に費用納付を行わない場合は更に25%の付加料金を支払う必要があります。

英国特許出願において、請求項が所定頁数を超えた場合の料金は審査費用の一部となり、頁数を超えた分の全額料金を支払わないと、特許出願が取り消されます。また、英国政府の規定によれば、明細書が35頁を超える場合、超えた分に対し10GBP/頁を支払う必要があります。
 
なお欧州特許庁の場合、請求項が15項以上50項以内である場合、第15項以降の請求項に対し235EUR(275USD)/1項 の料金が必要であり、請求項が50項を超える場合、超えた分に対し585EUR/1項 を支払う必要があります。
アメリカ特許商標庁では請求項が20項を超える場合、超えた分に対し、80USD/1項 の支払いが必要です。